おいしい糠漬け


私がいつも健康のために作っている、祖母直伝のレシピで作られた糠床にメビウスウォ-ターを入れてみました。

そのきっかけが、職場で糠床に入れるといいよと言う話を聞いたのでやってみたくなりました。

今回は、いつものように作ったものと、タッパーに糠を200gとメビウスウォ-ター小さじ1を入れて作った物を比較しました。

2日ほどきゅうりを漬けたのですが、その差がすごかったです。

切った断面図を見たら、メビウスウォ-ター入りの物は、みずみずしくて、糠独特の風味が抑えられていて、味がまろやかで口当たりが良くなっておいしかったです。

この時、前の物が少し漬かりすぎて、床も少しすっぱくなっていたのも、とれていました。

糠床をまわすときの手触りなのですが、メビウスウォ-ター入りの方が、いつもよりなめらかでずっと触っていたいような感触になっていました。

一緒にいた彼もおいしい!!と、お墨付きをいただいて、もっと早くにやれば良かった~なんて思いました。

後日、会社の上司になんでこうなるのかな?と質問したところ、

糠床の微生物が、メビウスウォ-ターが入ることによって、有効微生物が活性化したとのことです。

つまり、2:6:2の原則が働いて、2の良い微生物が、6の糠のひよりみ菌の環境を良くしてるので糠もい良いものに変わるそうです。

※ 画像 上が普通の糠漬け、下がメビウスウォ-ター入り糠漬け

メビウスウォ-ターの不思議 1


今回は、Aさんの話を2つしていきたいと思います。

1話目はAさんが飼われている4匹のスジエビの話です。

水槽の蓋を閉め忘れてしまった事で、エビが外に飛び出して、瀕死の状態だったそうです。

急いで水槽に戻したところ、1匹はすでに死んでいるようにしか見えず、残りの3匹はもう足が動かず、そのうちの一匹もしばらくして瀕死状態でした。

そこで、なにげに、メビウスウォ-ターを10プッシュほど噴きかけました。

正直その時、瀕死の状態なので諦めて、仕事のため、一旦その場を離れたそうです。

その後、奥さんが驚いて、Aさんを呼んだそうです。

そこには!!あの瀕死の状態のエビが、元気に飛び跳ねて動いていたそうです。

Aさんと、奥さんはそれを見て、凄い!!と心底驚いたそうです。

私も、その話を聞いて凄くびっくりしました!!

メビウスウォ-ターの不思議 2

Aさんのお話の2話目は、金魚です。

あれから3か月後、水槽で飼っていた金魚のうち1匹が、体を完全に横にして、口をパクパクして、弱った状態で発見されました。

指で触っても、体を触っても、かろうじて動かせる程度でした。

そこで、Aさんは、前回のスジエビが元気になったので、今回も、もしかしたら!!と思い、小さな水槽に金魚を入れメビウスウォ-ターを7プッシュ噴きかけてみました。

証拠になるように動画撮影したところ、しばらくして、ものすごい勢いで泳ぎだしたそうです。

一見すると、ただの水のように見えるのに、まさかこんな事が起こせる水だとは!!

思いもしなかったそうです。

私もこの動画を見ましたが、本当に元気に戻っていてびっくりしました!!

追伸

第3回日本先制臨床医学会学術大会が、2019年11月16日、17日に神戸で開かれました。

この学会に、この金魚は、動画としてデビューしたそうです!!

キンカチョウ

ブログ第一回目は、私の飼っているキンカチョウのことです。

飼い始めて2年半の子なのですが、小鳥なので寿命も短くご高齢の歳になってきました。

最近、卵を産む時に、飛べないくらいぐったりし始めて、心配だったので、

試しにメビウスウォ-ターを体にかけて、飲むお水にもかけてみたところ、

10分後ぐらいに、見違えるように元気に飛び回り、お水をよく飲むのと水を異常なほど求めるになりました。

それ以来、飲み水にメビウスウォ-ターをかけて与えています。

元気になってくれて嬉しかったです!!